So-net無料ブログ作成
検索選択
広告スペース

大河ドラマ 江 最終回 あらすじ

大河ドラマ 江 最終回 あらすじ

2011年11月27日 最終回「希望」 73分拡大版
近畿地方のみ放送時間は午後7時30分より

ついに迎えた「江~姫たちの戦国~」最終回
戦国を生き抜いた浅井三姉妹と
英雄たち
その天下をも揺るがす愛の物語
波瀾万丈のの江の人生を描いた「江~姫たちの戦国~」
その最終回は「希望」です

【送料無料】NHK大河ドラマ江~姫た...

【送料無料】NHK大河ドラマ江~姫た...
価格:860円(税込、送料別)





竹千代(水原光太)を世継ぎと定めた秀忠(向井理)。
千(忽那汐里)の嫁ぎ先も決まりました。
ようやく落ち着きを取り戻しつつある家中だったが、
そのころから、秀忠の諸大名に対する厳しい仕置きが目立つように・・・

さらに、秀忠の隠し子の存在が発覚し、
2度目の浮気に怒りを禁じえない江(上野樹里)。
しかし、隠し子幸松(小林海人)が竹千代や国松(松島海斗)と無邪気に遊ぶ姿を見て
己の考えが狭かったことに気付くのだった。

江は、正室の子も、側室の子も徳川の子として
育てたいという思いから
後に江戸城大奥を誕生させることになる。
元服を迎えた竹千代と国松が
それぞれ、家光(木咲直人)、忠長(今川智将)と名を改める。

一方、ますます苛烈を極める秀忠の処断に、江は秀忠と言い争うことに・・・
しかし、家光に諭され江は息子の成長を頼もしく思うのだった。

1623(元和9)年、家光の将軍宣下の儀式が行われる。



Copyright © ステップダイアリー All Rights Reserved.
http://www.fxtsys-popular.com/

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。